マラボン市キャトモン地区・女性による魚の燻製プロジェクト

フィリピンでは、女性は家を守り、子どもの世話をする役割を担っていました。けれども、長引く不況と
時代の変化にしたがって、女性が仕事を持ち、家族の基本的な必要を満たすために家計の収入を
助けることが多くなってきました。キャトモン地区のほとんどの女性は(様々な食品を売り歩く)
商売、洗濯、調髪、ペディキュアとマニキュアなどにより収入を得ています。しかし、これらの
仕事は不安定な上、十分な収入をもたらすものではありません。このような現状を受け、
当プロジェクトは、キャトモン地区に住む女性たちの収入向上のために実施されました。

地域で流通していて販売に適した商品は何かについて女性達と話し合った結果、マラボン地区は
海に近く魚が多く取れる、という利点から、一般に良く知られている魚の燻製の製造が
プロジェクトとして選ばれました。